[愛知県河川整備計画流域委員会の公開等に関する規定]
1.会議の公開
(1) 会議は、原則として公開とする。ただし、個人のプライバシーに関わる事項や、特定の野生生物の保護に著しい支障が及ぶ恐れがある場合などは、その一部または全部を非公開とする。
なお、非公開にする内容については、委員会に諮り、委員長が決定する。
(2) カメラ撮影等については、審議及び傍聴の妨げとならないよう、傍聴席からに限るものとする
(3) 会議の一般傍聴は、自由とする。ただし、会議の審議中に一般傍聴者の発言は、取り扱わないものとし、会議の内容に関する質問や意見等については、会議後、事務局において対応する。
(4) 会議の開催案内は、愛知県河川整備計画流域委員会(以下、「流域委員会」という)のホームページへの掲載や記者クラブへの情報提供等により行う。
2.会議資料の公開、報道機関の取材への対応
(1) 会議資料や議事概要は、原則として事務局より公表し、関係建設事務所、愛知県建設部河川課で閲覧できるようにする。そのほかに、流域委員会ホームページ(http://www.aichi-river.jp)において掲載する。ただし、個人のプライバシーに関わる事項や、特定の野生生物の保護に著しい支障が及ぶ恐れがある場合などは、流域委員会の判断により、その一部または全部を非公開とする。
(2) 記者会見は、会議を公開することから原則として行わない。ただし、委員長が必要と認める場合は、委員長による記者会見を行う。
3.会議の傍聴  
 下記の案内を配布することとする。
【流域委員会傍聴にあたってのご案内】
1.
会議を傍聴される方は、会場に入室する前に、受付にて「一般傍聴者受付簿」に必要事項(氏名、住所)をご記入下さい。
2.
会場には傍聴席を設けますが、満席となった場合は、入室をお断りすることがありますので、ご了承下さい。
3.
傍聴される方は、会場において次の事項をお守り下さい。お守りいただけない方は、退室して頂くことがあります。
@会場における言論への批判、賛否の表明、拍手などは、ご遠慮下さい。
A会議に対し意見等のある場合、事務局に申し出てください。所定の用紙により意見を述べることができます。いただいた意見は、各委員へ参考資料として配付させて頂きます。
B私語や携帯電話での通話は、ご遠慮下さい。
Cカメラ撮影等は、審議及び傍聴の妨げとならないよう、傍聴席からにしてください
Dそのほか、会議の妨げとなるような行為は、ご遠慮下さい。
4.
会議において、議事の非公開が決議された場合、又は委員長が退室を命じた場合は、傍聴できませんので、速やかに退室をお願いします。
5.
その他、事務局の案内に従っていただくようにお願いします。